微調整の必需品

修行も残すところ半月となりました。追われている感じが夏休みの自由制作を登校日前日に仕上げていた記憶と重なります。

迷走していた釉薬もやっと絞り込むことができ、最近は色の調整です。色の濃淡を0.01g単位で計るので精密デジタルスケールを使っています。微量の単位で計れるので再現率が高いことも利点の一つです。難点といえば計る数値が小さい分、スプーンや指に付いたりとなかなか希望の数値におさまってくれないことです。


b0358212_13293817.jpg
↑ 精密デジタルスケール


今回は10個のテストピースに施釉。焼き上がりの微妙な色の濃淡に期待しています。



応援よろしくお願いいたします。→ ブログランキング
[PR]
トラックバックURL : http://doai.exblog.jp/tb/26725252
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by toshiko57 at 2017-03-20 17:38 x
10個のテストピース、土合さんの目ざす色が出てくるといいですね。
楽しみにしています。
Commented by umialoha at 2017-03-21 13:50
目指す色に近づいているといいなと思いながら、焼き上がりを待ちます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by umialoha | 2017-03-17 19:00 | Trackback | Comments(2)

横浜から札幌へ。橋本忍さんの下で陶芸修行を始めました。夢の陶芸家を目指して奮闘中。


by umialoha