使ってみました

今日の午前中は粘土の再生、その時に以前作った素焼き鉢を使ってみました。


b0358212_12564634.jpg


① 水簸した土をドリルを使って攪拌します。

b0358212_12555820.jpg


② 樽の中から土をとり、篩に通して濾します。このときに間違えて入ってしまったスポンジやなめし皮が見つかるときもあります。ちなみに今回は出てきませんでした。ホッ!!

b0358212_12571547.jpg

b0358212_12575244.jpg


③ 素焼き鉢に薄い布をひき、濾した泥状の土を入れます。

b0358212_12585007.jpg


④ ゴミが入らないように布をかけ、粘土状になり練れるまで放置します。

b0358212_13001030.jpg


雪の季節は外に出すことも出来ないため、乾燥も進まず水分がなかなか抜けないので練れるまでにはかなりの時間を要します。それ以外の雪のない季節は外に出して乾燥させます。この鉢を運ぶ作業も肉体労働・・・

素焼き鉢が増えたので、鉢不足解消です。



応援よろしくお願いいたします。→ ブログランキング
[PR]
トラックバックURL : http://doai.exblog.jp/tb/26652835
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by toshiko57 at 2017-02-15 18:29 x
この鉢、重そうですね。体力も必要ですね。

私は土あまり多くないので、タッパとかプラスチックバケツ使っています。それでもけっこう重くて、取っ手が取れそうです。

なめし皮、入ってましたー。ロクロ成型の途中で見つかって、びっくりしました。
手ロクロ時代にはなかった事です。

Commented by umialoha at 2017-02-16 00:04
はい。体力勝負です。でも、初めは持てなかった鉢も時間の経過と共に持てるようになりました。もちろん、軽々ではないですけど…、力はついてますね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by umialoha | 2017-02-14 20:18 | Trackback | Comments(2)

横浜から札幌へ。橋本忍さんの下で陶芸修行を始めました。夢の陶芸家を目指して奮闘中。


by umialoha